ストレス性腰痛とは?

腰痛には、2つの原因があります。

1つは、不良姿勢や持ち上げ動作による負担が、腰や筋肉に負担をかける場合。

もう1つは、仕事への不満や周囲のサポート不足、人間関係の問題など、さらに痛みへの不安や恐怖といったストレスが脳の不具合を起こす場合です。

 

腰に筋肉に負担がかかる腰痛は、身体を守る働きが原因で起きています。

筋肉は、急激に引っ張られるなど、無理な力が加わったり、椅子に座りっぱなしなど、持続的に負担がかかると、損傷から筋肉を守る為に反射的に収縮します。

つまり筋肉が固くなるのは、「身体を守る仕組み」です。

 

筋肉の中には、筋紡錘と呼ばれる、筋肉の伸び縮みを感知するセンサーがあります。

このセンサーには、筋肉を保護する機能があります。

例えば、誰かに急に腕を取られ、引っ張られたとします。筋紡錘は、このように過剰に筋肉が伸ばされた状況をいち早く察知し、この情報を脊髄に送ります。脊髄から筋肉に「縮んで守れ!」という信号を送り、筋肉は瞬間的に縮むことで、断裂などの損傷から身を守っています。

他にも熱いものを触ったとき、とっさに手を引っ込める。びっくりした時、身体が固まって咄嗟に動けなくなるときなどにも、この様な反応が起こります。

脳まで信号を送って判断すると時間がかかってしまうので、緊急の場合は、筋紡錘の判断だけで筋肉を縮めて、身体を守ろうとする反応です。

この他にも、ストレスを受けたときにも、脊髄から筋肉に「縮んで守れ!」という信号を送られ、筋肉は瞬間的に縮んで身体を守ります。

この様な反応を伸張反射(脊髄反射)と呼びます。

 

この伸張反射の反応が筋肉に負荷がかかり、筋肉を包んでいる筋膜に歪みが作られます。

筋膜とは、身体全体をボディースーツのように覆っている、白い透明な膜です。

筋肉への負荷が協力で急激なものであればあるほど、筋膜は歪み筋肉が収縮したままで戻らなくなります。また負荷が長時間に渡ってかかる場合も、筋膜に歪みが作られて筋肉が固くなったままになります。

筋膜の85%は水分でできていて、その水分が筋肉と筋肉、筋肉と神経、血管などの他の組織との潤滑油の働きをしています。筋膜がゆがむと水分が枯渇して、他の組織と癒着し、動きが悪くなります。

また筋膜が歪むと、他の正常な筋膜が引っ張られて身体全体のバランスが崩れてしまいます。

崩れた身体のバランスを整えるために、腰に負担がかかって痛みが現れます。

筋膜が歪みやすいかどうかは、様々な条件によって変化します。今までの経験から、ストレスや睡眠、栄養状態などの条件が悪いと、筋膜が歪みなりやすくなります。

この様な原因で起きる腰痛は、MRIや血液検査などの病院で標準的に行われる検査では捉えられず、原因が特定しきれません。

 

もう1つの「ストレス」に伴う「脳機能の不具合」によって腰痛が起きています。

あなたは、「ストレスで頭痛になった」という言葉を聞いたことはありませんか?

同じ様に、ストレスでも腰痛になります。

「ストレス」は、仕事への不満や周囲のサポート不足、人間関係の問題など、さらには痛みへの不安や恐怖といったストレスが「脳機能の不具合」を起こします。「脳機能の不具合」として身体に現れる症状では、筋肉などの血流不足があります。

両方の不具合は共存することが多く、その共存する割合は、同じ人が同じ日であっても、その日の身体の状態に依存します。

特にストレスが原因で脳機能の不具合が起きると、ストレスの「身体化」が起こります。

「身体化」とは、いわゆる身体に現れるストレス反応のことです。腰痛だけでなく、肩こりや睡眠障害や疲労感、頭痛、下痢・便秘・吐き気など胃腸の不調、息苦しさ・動悸などが身体化に関係する症状が現れます。

息苦しさや動悸の症状は、ストレスにより心臓の血管が一時的なケイレンを起こすことでもあるといわれています。

また心理的ストレスは、脳機能の不具合とは別のメカニズムが関与して「ぎっくり腰」の発生リスクを高めることもわかっています。ストレスを抱えた状態で持ち上げ作業をすると、作業時の姿勢バランスが微妙に乱れて椎間板への負担が高まります。

つまり腰自体の不具合による腰痛を発症するリスクが高まるため、「ぎっくり腰」予防という点からも、ストレスの解消が重要になります。

ストレスが原因で腰痛が起きるメカニズム

ストレスが溜まってくると、自分の身体や心に負荷がかかります。身体や心はそのストレスに、無意識に合わせようとしています。

最初は良くても、だんだんとストレスに対応できなくなってきます。

その結果、身体や心に「歪み」が生じます。それにより、身体には腰痛などの様々な不調が引き起こされます。

特に働いていると毎日がストレスとの戦いです。

上司や同僚、部下、近所との人間関係。1日中座ったまま、立ったままの姿勢でいることの疲労。残業による睡眠不足。掃除をしている時の中腰姿勢。などなど、、、

ストレスが溜まると、身体がずっと緊張した状態(交感神経優位)のままになります。身体が緊張していると、筋肉も縮こまってしまいます。縮こまった筋肉はやがて筋肉のコリとなります。

明確な原因が特定しきれない腰痛を非特異的腰痛といいます。この中には、姿勢や動作に関係する「腰自体の不具合」と心理的なストレスに伴う「脳機能の不具合」によるものがあります。この様な腰痛は、MRIや血液検査などの病院で標準的に行われる検査で原因が分からず、説明ができない腰痛です。

不良姿勢や持ち上げ動作による負担が、腰自体の不具合(椎間板ヘルニアや骨盤のズレ)を起こします。

仕事への不満や周囲のサポート不足、人間関係の問題など、さらには痛みへの不安や恐怖といった心理的ストレスが脳機能の不具合を起こします。

「腰自体の不具合」と「脳機能の不具合」の両方の不具合は同時に発生することが多く、同じ人が同じ日であっても身体的負荷や精神的ストレスによって変化します。

この筋肉のコリはいくらマッサージしても、すぐにストレスによりまた縮こまってしまい、痛みが元に戻ってしまいます

しかも「脳機能の不具合」を起こすストレスは、普通にマッサージしただけでは解消されません。

普通にマッサージしても、筋肉のコリが少しだけ良くなるだけで、ストレスはそのままです。

そのため、あなたの腰痛はいつまで経っても改善しません。

もしくは、痛みが改善しても一時しのぎか、気休めくらいの効果しかありません。

筋肉は、急激に引っ張られるなど、無理な力が加わったり、椅子に座りっぱなしなど、持続的に負担がかかると、損傷から守る為に反射的に収縮します。いわゆる伸張反射と呼ばれるもので、「縮んで守れ」というシステムです。

筋肉が固くなるのは、本来「身体を守る仕組み」と言うことになります。

筋肉の中には、筋紡錘と呼ばれる、筋肉の伸び縮みを感知するセンサーがあります。

このセンサーには、筋肉を保護する機能があります。

例えば、誰かに急に腕を取られ、引っ張られたとします。筋紡錘は、このように過剰に筋肉が伸ばされた状況をいち早く察知し、この情報を脊髄に送ります。脊髄から筋肉に「縮んで守れ!」という信号を送り、筋肉は瞬間的に縮むことで、断裂などの損傷から身を守っています。

他にも熱いものを触ったとき、とっさに手を引っ込る。びっくりした時、身体が固まって咄嗟に動けなくなるときなどにも、この様な反応が起こります。

脳まで信号を送って判断すると時間がかかってしまうので、緊急の場合は、筋紡錘の判断だけで筋肉を縮めて、身体を守ろうとする反応です。

この他にも、ストレスを受けたときにも、脊髄から筋肉に「縮んで守れ!」という信号を送られ、筋肉は瞬間的に縮んで身体を守ります。

身体を固めることで、心も固くなります。このように、受けたストレスから身体を守ります。

この様な反応を伸張反射(脊髄反射)と呼びます。

この時の筋肉への負荷が原因で、筋膜に歪みが作られます。

筋膜とは、身体全体をボディースーツのように覆っている、白い透明な膜です。

筋肉への負荷が協力で急激なものであればあるほど、筋膜は歪み筋肉が収縮したままで戻らなくなります。また負荷が長時間に渡ってかかる場合も、筋膜に歪みが作られて筋肉が固くなったままになります。

筋膜が歪みやすいかどうかは、様々な条件によって変化します。今までの経験から、ストレスや睡眠、栄養状態などの条件が悪いと、筋膜が歪みなりやすくなります。

また筋膜が歪むと、他の正常な筋膜が引っ張られて身体全体のバランスが崩れてしまいます。

崩れた身体のバランスを整えるために、腰といった関節に負担がかかって痛みが現れます。

この様な反応が原因で起きる腰痛は、MRIや血液検査などの病院で標準的に行われる検査では捉えられず、原因が特定できません。

この様な腰痛には、特に姿勢や動作に関係する「腰自体の不具合」と「心理的なストレス」に伴う「脳機能の不具合」によるものがあります。

「腰自体の不具合」は、不良姿勢や持ち上げ動作による負担など、直接筋膜の歪みを作り、身体に不具合が出ます。

「心理的なストレス」は、仕事への不満や周囲のサポート不足、人間関係の問題など、さらには痛みへの不安や恐怖といった心理的ストレスが「脳機能の不具合」を起こします。「脳機能の不具合」として身体に現れる症状では、筋肉などの血流不足を生じます。

両方の不具合は共存することが多く、その共存する割合は、同じ人が同じ日であっても身体的負荷や精神的負荷の状況に依存します。

特に心理的ストレスが原因で脳機能の不具合を起こすと、ストレスの影響が身体に現れます。

心理的ストレスが脳機能の不具合を起こし、筋肉などの血流不足が生じます。

他にも、腰痛や、肩こり、睡眠障害や疲労感、頭痛、下痢・便秘・吐き気など胃腸の不調、息苦しさ・動悸などが身体に現れることもあります。

息苦しさや動悸の症状は、心理的ストレスにより心臓の血管が一時的なケイレンを起こすことでもあるといわれています。腰痛や肩こりにも、心理的ストレスによる脳機能の不具合として筋肉の血流不足が強まって起こるタイプがあります。

ストレスは、脳機能の不具合とは別のメカニズムが関与して「ぎっくり腰」の発生リスクを高めることもわかっています。

ストレスを抱えた状態で持ち上げ作業をすると、作業時の姿勢バランスが微妙に乱れて椎間板への負担が高まります。つまり腰自体の不具合による腰痛を発症するリスクが高まるため、介護作業時の「ぎっくり腰」予防という観点からも、ストレス対策が重要となります。