腰の痛みのない普通の生活に戻るには?

「腰の施術」を何回受けても、 「腰痛が全く取れない」とガッカリした。 そんな経験をしないためには、、、

座っていると腰が痛くなる

顔を洗う時の中腰姿勢や、

前にかがむと腰が痛い

立ち上がった瞬間、腰やお尻に痛みが走る

しゃがむと腰が痛い

上向きで寝ると、腰が痛い

 

など、、、

あなたがなかなか痛みの取れない腰痛で悩んでいるのなら、

その腰痛の原因は、

腰にない可能性が高くあります。


 

腰の痛みがなかなか取れないのは、腰に痛みの原因がない可能性が高くあります。

2019年に日本整形外科学会と腰痛学会が発表した、腰痛の原因はこの様になっています。

2012年の発表では、腰痛の85%は原因不明、、、

となっていました。

7年経って、原因不明の腰痛は85%から21.6%と大幅に減少した、、、ように見えます。

ここに大きな問題があります。

2019年の報告では、約80%の腰痛は原因が判明している、、、ように見えます。

ですが、1つ1つの腰痛の原因を調べてみると、レントゲンやMRIなどの画像検査で腰に異常が見つかる腰痛は、33.7%しかありません。

画像検査で異常が見つかる腰痛

椎間板性:12.5%

脊柱管狭窄症:10.9%

椎間板ヘルニア:6.9%

椎体圧迫骨折:3.1%

感染症:0.3%


合計:33.7%

 

 

残りの66.3%の腰痛は、画像検査では原因が見つからないので、消去法で診断されています。

画像検査で原因が見つからない腰痛

椎間関節性:21.3%

筋・筋膜性:17.5%

仙腸関節性:5.6%

心因性:0.3%

原因不明:21.6%


合計:66.3%

 

 

未だに、腰痛の3人に2人は画像検査で痛みの原因が見つかっていません

そのためこの様な腰痛は、ほとんどが慢性化してしまい、長い間腰痛で悩むことになってしまいます。

 

腰痛の最新治療

腰痛の治療は、主に2つあります。

1つは、手術。

もう1つは、薬物療法や運動療法と言った、保存療法です。

画像検査で原因の見つかる33.7%の腰痛は、手術と保存療法が適応されます。

原因の見つからない66.3%の腰痛は、保存療法が適応されます。

 

ですが困ったことに、

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症は、異常が見つかっても、腰痛と関係のない場合があります。

特に椎間板ヘルニアは、

✅90%は手術が不要。

✅ヘルニアの大きさと痛みの強さは、無関係。

✅腰痛のない人の75%にヘルニアが見つかった。

✅手術と保存療法では、半年後の痛みは同じ。

 

などの研究報告があるので、ヘルニアが見つかっても、腰の痛みとは無関係な場合もあります

そのため、ヘルニアが腰痛と関係あるのかの診断方法はなく、さらにお医者さんによっては、手術は必要と言う先生、手術は必要ないと言う先生など、考え方や治療方法が違います。

実際に手術でヘルニアを取り除いても、痛みが全く変わらなかった…と言う人もいます。

椎間板性の腰痛も、脊椎固定術という手術が行われますが、手術をする時には「厳密に検討する必要がある」と言われています。

これは、手術した場合と保存療法を比べた結果、

痛みを減らす効果は同等だと、データが出ているからです。

 

画像検査の落とし穴

腰痛の診断には、レントゲンやMRIなどの画像診断が使われます。

技術の進歩で、レントゲンやMRIはかなり細かい場所まで見ることができる様になりました。

ですが、この画像診断で異常が映らなければ、異常は「ない」ものとされてしまいます。

画像検査で腰に異常が見つからない腰痛は、診断がしにくく、消去法になってしまうので、お医者さんによっては診断が違うこともありますし、治療法も変わってくるので、治療法と診断法が完全には確立していません。

 

腰痛の中には、手術をしなければいけない腰痛も存在します。

足が麻痺して動かないなどの神経症状がある場合や、骨同士がぶつかって骨が尖ってきた場合、背骨の形が変形してきた場合、細菌やウイルスが入り込んで化膿した場合、圧迫骨折などがあります。

この様な場合は、病院で手術が必要となってきます。

 

腰痛の原因はこれ↓

腰痛の原因が画像検査で見つけにくいのは、画像検査では映らない、見つけにくい組織が原因となっているからです。

その組織が、「筋膜」です。

筋膜とは、私たちの全身をボディースーツの様に覆っている、透明な膜です。

筋膜はレントゲンには映らなく、MRIでは、炎症していない限り、異常がほとんど分かりません。

この筋膜には、体を支えたり、筋肉同士の動きをよくする潤滑油の働きがあります。

しかし、デスクワークの様に同じ姿勢が続いたり、ゴルフの様に同じ動きを繰り返していると、筋膜同士がくっ付いて歪んでしまいます。

歪んだ筋膜は、他の正常な筋膜を引っ張り、体のバランスや動きを悪くしたり、筋肉の動きを悪くします。

 

そうなると、

✅動きが悪くなった腰を、無理に動かして痛みが出る。

✅腰以外の場所の動きが悪くなると、腰を無理に動かして動きを維持しようとして痛みが出る。

✅悪くなったバランスによって、腰に負担がかかる。

 

この様なことで腰に痛みが出てきます。

筋膜のどこが歪んでいて痛みが出ているのかを見つけるのは、実際に動いているのを見るのが一番です。

ですので、止まって撮影をする画像検査では、余計に見つけにくくなっています。

腰痛のウソ

腰痛で悩んでいる人は、一度は「骨盤がズレている」と言われたことがあったり、「骨盤がズレているのでは?」と考えたことがあるかもしれません。

ですが、これは大きな間違いです。

交通事故や出産などの大きな力が加わった場合を除いで、日常生活で骨盤はズレることがありません。

骨盤は体の土台です。

それが普通に生活をしているだけでズレてしまったら、大変なことになってしまいます。

骨盤は強力な靭帯によって固定されているので、ズレることはありません。

骨盤がズレは、筋膜の歪みによって骨盤が周囲の筋肉引っ張られてたり、崩れたバランスによって歪んで見えているだけです。

 

腰の痛みを取る「3STEP」

どうすれば腰の痛みは取れるのか、、、

それには、3つのSTEPがあります。

STEP1:痛みの原因を見つける

最初に、どこの筋膜が歪んでいて腰に痛みが出ているのか。

それを見つけます。

どこが原因で腰に痛みが出ているのかを見つけないと、

「頭痛を治すのに痛み止めを飲む」といった、効果のない施術になってしまいます。

そのため、どこが原因で腰に痛みが出ているのかを、最初に見つけます。

ここが腰の痛みを取るために1番大事なSTEPになります。

STEP2:施術

腰痛の原因となっている歪んだ筋膜が見つかったら、その場所に施術を行います。

筋膜の歪みを元の状態に戻して痛みを取る、独自の施術です。

筋膜の歪みが元の状態に戻ると、痛みが取れるだけでなく、

姿勢が良くなったり、血流が改善するので痩せやすい体質にもなります。

STEP3:確認

施術が終わったら、痛みがどう変わったのか、を確認します。

腰の痛みは、何ヶ所もの筋膜が歪んで、体が色んな方向に引っ張られて、動きが悪くなっていることで出ています。

そのため、筋膜の歪みがなくなっていくと、体の引っ張られる方向が変わって、動きも変わってくるので、痛みの出方が変わります。

例えば、施術前は30度まで体を前屈すると腰に痛みが出たのが、

施術後には60度まで前屈できるようになったけど、

それ以上前屈すると腰に痛みが出るように変わった場合、

30度まで前屈した時に出た腰の痛みと、60度まで前屈した時に出た腰の痛みは、原因が違います。

そのため、どこの筋膜の歪みが残っているのか、その確認をしながら施術を行い、痛みを取っていきます。

自分で腰痛に悩まない体質を作る方法

腰痛は、痛みが取れたら終わり、、、ではありません。

痛みの出ない状態を維持しないと、また腰痛で悩むことになってしまいます。

そのため、再び腰痛にならないための、体作りが大事になってきます。

それがセルフケアです。

見つかった腰痛の原因に対してセルフケアを行うことで、自分で腰痛にならない体を作ることができます。

腰痛の原因となっていた場所は、日常生活で負担のかかりやすい場所です。

その場所にセルフケアを行うことで、腰痛とは無縁の生活を送ることができます。

 

整体師紹介

057

【救急救命士、柔道整復師、登録販売者試験合格、血流アドバイザー、健康経営アドバイザー】

腰痛専門整体院プロビス整体研究会 名古屋 院長

1984年2月14日(バレンタインデー) 名古屋市生まれ

(国士舘大学体育学部スポーツ医科学科卒業、東海医療科学専門学校柔道整復師科卒業)

腰以外にある腰痛の原因を見付け、原因から改善することで、腰の痛みが出ない体を作る、腰痛の専門家。

続きを読む

「腰痛の原因は腰にない」をベースに、「痛みの戻らない整体」を開発。腰以外にある原因を解消することで、腰に痛みの出ない体を作り、多くの成果を出している。

20歳の時に歩くのも辛い腰痛を経験。整形外科・接骨院など、どこに行っても改善しなかった経験から、自分と同じ悩みの人を救うために整体師を目指す。

大学卒業後、整体院に就職して半年で店を任される活躍をした後に、スキルアップのために接骨院に転職。この時、何をしても痛みを改善できない人と出会う。

何もできない自分に絶望し、何のために整体師の道に入ったか分からなくなる。しかし整体の師匠から、「目の前の患者さんを救えるのはあなただけ」の言葉で、初心を思い出す。

これがきっかけで、腰痛が改善する人と、改善しない人を分析し、「腰痛の原因は腰にない」ということを発見。この発見に従って整体を行った結果、数々の腰痛を改善することに成功。

ところが、上司から「売り上げが下がるから、治すな!」「保険適用の場所以外は施術するな!もっと通わせろ!」と言葉をかけられる。そのため、また道を失う前に退職し、名古屋市に腰痛専門整体院を開業。

整体も効果を実証することが大切だと考え、大学でデータを分析し、効果を実証。ストレスを解消すれば、痛みの出ない体になることを見付け、「痛みの出ない体を作る」整体を行う。

結果、3年間どこに行っても改善しなかった腰痛を、わずか3回で痛みの出ない体にすることに成功。

「不安がなくなって、体も軽くなった」と、多くの腰痛で悩まれている方から、圧倒的な支持を得る。

「1人でも多くの人の腰痛を終わらせるため、痛みの不安を1つでも解決するため」との信念で、日々活躍中。


初めての方に特別なご提案

「ホームページを見た」と電話下さい。
施術中は電話には出られません。

必ず折り返しのお電話をいたしますので、メッセージを残していただくと助かります。

電話で予約をする052-715-6556受付時間 9:00-21:00 [ 不定休]

メールで予約をする 24時間対応・年中無休
営業時間
9:00~21:00

不定休・完全予約制

なぜ、初回体験、返金保証なのか?

それはあなたに、これ以上腰痛で悩んで欲しくないからです。

私はあなたにこれ以上、名古屋市の整形外科・整骨院・鍼灸・マッサージ・整体院を渡り歩くのはやめて欲しいからです。

その場限りの施術に、あなたの大切なお金と時間を使ってほしくありません。

私はあなたのツラい痛みを本気で改善したいと思っています。

あなたの辛い腰痛を改善するために、全力で施術いたします。

これは、本気で「腰痛」を改善したと思われる、そんなあなたのためのものです。

愛知県名古屋市千種区菊坂町1-5

ラフェルモ菊坂203

腰痛専門整体院

プロビス整体研究会

地下鉄東山線
池下・覚王山:徒歩5分

初回セット付き!

①腰痛・肩こり解消体操(4,980円)

②あなたの腰痛の原因に合わせた「セルフケア」(4,980円)

③ストレスを解消する頭蓋骨矯正(9,800円)

※施術前に「受けたい」とお伝えください

初回セットすべて無料!!