正しい姿勢になりたいあなたへ

あなたは、自分の姿勢を気にしたことはありませんか?

 

例えば、朝、鏡を見る時。

ウインドウショッピングの時、ガラスに映った姿を見た時。

写真に写った自分を見た時。

 

こんな時、自分の姿勢が目に入ることがあります。

そして、映った姿を見て、

 

写真で自分の猫背を確認して落ち込む。

お腹が前に突き出てくるし、お尻もかなり大きく見えた。

横向きの自分を見たら思ってた以上に猫背だったからショックを受けた、、、

 

こんな思いをしたことがあるかもしれません。

 

実は、これは間違った認識から起きている可能性が、とても高くあります。

 

 

こんにちは。

腰痛専門整体師の榊です。

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

あなたは、自分の悪い姿勢を見た時、

 

こんな姿勢では、腰痛になるかも、、、

うわ、おばあさんみたいな姿勢、、、

 

こんな風に思って、姿勢を正しくしようと、背中を伸ばしてみたことはありませんか?

 

でも、これって間違えているんです。

実は、正しい姿勢を意識しても、効果はありません。

 

姿勢が悪くなるのは、体のどこかが歪んでいるからです。

そのため、いくら正しい姿勢を気を付けていても、歪んでいる場所に引っ張られて、姿勢はすぐに悪くなってしまいます。

 

正しい姿勢を作るには、この歪んでいる場所を、なんとかしなければいけません。

 

逆に言えば、歪んでいる場所さえなんとかすれば、姿勢は自然と正しくなってきます。

 

よく、姿勢が悪いと腰に負担がかかる、と言われます。

そのため、背中がピンッと伸びた、正しい姿勢にしないさいと、幼稚園や小学生のころから、言われ続けています。

 

確かに、真っ直ぐに背中を伸ばして立った状態で腰にかかる負担を100とすると、猫背の様に体が曲がった姿勢だと、120くらいにはなっています。

 

ですが、無理に姿勢を正しくしていると、体に無駄な力が入ってしまって、体が歪んでくることがあります。

正しい姿勢を意識しているはずなのに、体が歪んで、猫背になってしまう、、、

 

こんなのって、イヤですよね。

 

つまり、幼稚園や小学校で教えている正しい姿勢は、間違っていることになります。

本来の正しい姿勢とは、体に無駄な力が入っていない、自然な姿のことです。

 

本来の正しい姿勢とは、背骨にしっかりとS字のカーブがあって、余計な負担がない状態です。

意識してこの状態を作るのは、非常に難しいです。

 

この状態を作るには、体の歪みを見つけて、そこを改善する必要があります。

 

では、どうすればこの体の歪みを改善できるのでしょうか?

それは、、、

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA