【警告】腰痛を放置しているあなたへ

あなたは、

 

腰痛で仕事に集中できない、、、

腰が痛くて、座っていられない、、、

 

こんなことで困っていませんか?

 

整体に行きたいけど、時間が、、、

仕事が多くて、、、

腰が痛いけど、まだ我慢できる。

 

こんな風に、腰痛の改善を先延ばしにしていませんか?

もしあなたがこの様なことで、腰痛の改善を先延ばしにしているのから。

腰痛があなたの仕事に及ぼす影響を知っていますか?

 

 

こんにちは。

腰痛専門整体師の榊です。

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

健康日本21推進フォーラム が2013年に行ったインターネット調査を行いました(健康日本21推進フォーラム「疾患・症状が仕事の生産性等に与える影響に関する調査」より)。

この調査は、健康な時の自分の仕事のパフォーマンスを100点満点として、健康状態による不調時の得点を自己評価をしたものです。

この結果から、腰痛や首・肩こりがあると、仕事のパフォーマンスは平均で67.9点まで下がってしまう、ということが分かりました。

やる気や集中力は65点で、コミュニケーション能力は73点という結果が出ています。

つまり、腰痛や肩こりがあると、仕事のパフォーマンスが約30%も下がってしまうということが分かりました。

また、メンタル面での不調があると、仕事のパフォーマンスは56.5点、心臓の不調があると63.0点、月経不順あると63.8点まで下がってしまうことも分かっています。

 

腰痛の様な不調があると、仕事のパフォーマンスは著しく下がってしまいます。

健康な状態だと、1日に10の仕事ができるけど、腰痛があると7しかできません。

つまり、3の仕事が溜まっていってしまいます。

すると、どんどん仕事が溜まっていき、10日後には30――3日分の仕事が溜まってしまいます。

「整体に行きたいけど、時間が、、、」と言って腰痛を放置しておくと、本当に整体に行く時間がなくなってしまいます。

また、時間が経てば経つほど、あなたの腰痛は悪化していきます。

そうなると、腰痛改善に必要な回数とお金も、どんどん増えていきます。

 

腰痛はなるべく早いタイミングで改善しておくと、回数もお金も安く済みます。

もしあなたが腰痛で困っているけど、「時間が、、、」と言い訳をしているのなら。

あなたの仕事のパフォーマンスはどんどん下がり、腰痛の改善に必要な回数とお金がどんどん増えていきます。

その腰痛、1日でも早く改善しませんか?

「ホームページを見た」とお電話ください。
施術中は電話に出られないことがあります。

必ず折り返しのお電話をいたしますので、メッセージを残していただければと思います。

営業時間
9:00~21:00

【不定休・完全予約制】

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA