腰痛に骨盤矯正は無意味?

腰痛に骨盤矯正。

骨盤がずれているから、腰痛になった。

一度は聞いたことがあるかもしれません。

でも、骨盤矯正を受ける前に。

これを知ってください。

骨盤は、簡単にズレたりしません。

 

こんにちは。

ストレス性腰痛専門整体師の榊です。

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。

骨盤は、腸骨、恥骨、坐骨の3つの骨が合わさって作られています。

その右と左の骨盤は、仙腸関節と恥骨結合の2つの場所で関節を作っています。

骨盤がずれていると言うのは、この仙腸関節がずれている。

というのが、骨盤矯正を行う人たちは言います。

でも、この仙腸関節は、強力な靭帯で支えられています。

そのため、そんな簡単にズレることはありません。

 

では、なぜ腰痛は骨盤がズレている、なんて言われているのでしょうか。

それは、ズレているように見える、からです。

骨盤には、たくさんの筋肉が付いています。

筋肉が固まって縮こまると、身体が傾きます。

身体が傾くと、それに合わせて骨盤も傾きます。

そのため、骨盤がズレているように見えることがあります。

こんな状態で骨盤を矯正しても、まったく効果はありません。

骨盤は、ズレていないからです。

ズレていない骨盤を矯正しても、なんの意味もありません。

 

もしあなたが骨盤を矯正しても、痛みの変わらない腰痛でお悩みなら。

その腰痛の原因は骨盤のズレではありません。

ホームページをご覧いただいた、あなただけに特別なご案内

「ホームページを見た」とお電話ください。
施術中は電話に出られないことがあります。
必ず折り返しのお電話をいたしますので、メッセージを残していただければと思います。

営業時間
9:00~21:00

【不定休・完全予約制】

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA