靴下をはく時の腰痛の原因はここ↓

こんにちは。

ストレス性腰痛専門整体師の榊です。

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

あなたは、毎日靴下をはきますか?

おそらく、ほとんどの方は毎日靴下をはいていると思います。

この靴下をはく動作が、腰が痛くてできない。

ということがよくあります。

この靴下をはく動作で出る腰痛ですが、痛みが出るタイミングで原因が違います。

 

靴下をはく動作は、

1.身体を曲げる

2.足を曲げる

3.片足立ちになる

4.足を外側に開く

この4つの動作があります。

 

 

まず、座って靴下をはく場合、

1.身体を曲げる

2.足を曲げる

3.足を外側に開く

主にこの3つの動きになります。

この時の原因としては、

1.身体を曲げる:首や肩甲骨

2.足を曲げる:大腰筋

3.足を外側に開く:太もも、大腰筋

この場所が原因となっている可能性があります。

 

立って靴下をはく動作は、

1.身体を曲げる

2.足を曲げる

3.片足立ちになる

主にこの3つの動作になります。

この時の原因として、

1.身体を曲げる:首、肩甲骨

2.足を曲げる:大腰筋

3.片足立ちになる:大腰筋、中殿筋

この場所が原因となっている可能性があります。

 

もしあなたが、靴下をはく時に腰が痛くて困っているのなら。

一度、どのタイミングで腰痛が出ているのか。

そして、その場所に合った場所に施術をしてみてください。

ホームページをご覧いただいた、あなただけに特別なご案内

「ホームページを見た」とお電話ください。
施術中は電話に出られないことがあります。
必ず折り返しのお電話をいたしますので、メッセージを残していただければと思います。

営業時間
9:00~21:00

【不定休・完全予約制】

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA