痛みの変わらない腰痛|あなたの ここ↓ は、大丈夫?

こんにちは。

ストレス性腰痛専門整体師の榊です。

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

ストレスを受けて、一番痛みを感じやすいのは筋肉の筋膜です。

姿勢の維持や運動など、いろいろなことに使っているので、ストレスも溜まりやすくなっています。

 

そして次に多いのが、内臓の疲労です。

内臓は、24時間休みなしで働いています。

もし内臓の働きが1時間止まったら、私たちは死んでしまいます。

ただ、内臓も疲れてしまうことがあります。

それが、ストレスだったり、お酒や体に悪い物を食べたことによる、内臓の負担が増えた時です。

ストレスがかかると、内臓の働きを調整している自律神経のバランスが崩れて、内臓の働きもおかしくなってしまいます。

お酒や体に悪い物は、取り込まれた異物を排除しようと内臓が必要以上に働くため、疲れが溜まってしまいます。

 

内臓が疲れてくると、内臓の働きが下がってしまいます。

内臓の働きが下がってしまうと、マズイことになります。

そのため、私たちの体は内臓に普段よりも多めに血液を送ります。

すると、内臓が血液が増えた分だけ重くなり、ほんの少しだけ下がります。

重くなった内臓に引っ張られたり、下にある組織が内臓に潰されると、体に不調が現れてきます。

例えば肝臓では、右側の肩こり、腰痛、足の痺れなどが現れます。

 

こういった肩こりや腰痛は、どれだけマッサージしても痛みや不調は変わりません。

内臓の疲労を解消してあげないと、いつまで経っても肩こりや腰痛は改善しません。

 

もしあなたが、腰をマッサージしても痛みの変わらない腰痛でお悩みなら。

一度、内臓の疲労を解消してみてください。

ホームページをご覧いただいた、あなただけに特別なご案内

「ホームページを見た」とお電話ください。
施術中は電話に出られないことがあります。
必ず折り返しのお電話をいたしますので、メッセージを残していただければと思います。

営業時間
9:00~21:00

【不定休・完全予約制】

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA