腰痛の原因が「年齢」「体重」→大間違い

あなたは腰痛の原因を聞いた時に、

「年のせい」

「体重のせい」

と言われたことはありますか?

実はこれ、ほとんど根拠はありません。

なぜなら、、、

 

あけましておめでとうございます。

名古屋唯一のストレス性腰痛専門整体院
プロビス整体研究会の榊です。

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。

もし年齢で腰痛になるのなら。

お年寄りは全員腰痛になっています。

もし体重で腰痛になるのなら、果たして何キロから腰痛になるのでしょうか?

若い人でも腰痛になります。

体重が軽い人でも腰痛になります。

なんなら、小学生だって腰痛になります。

確かに、年を取る筋肉が衰えるので、腰痛になりやすくはなります。

体重が増えれば腰に負担がかかるので、これも腰痛になりやすくなります。

でも、これだけが理由で腰痛にはなりません。

体重が増えてきたから腰痛になった。

そう思われる方は多くいます。

ですが、本当にそうでしょうか?

腰痛になる「状態」になったから、体重が増えてきたのではないでしょうか。

腰痛は、ストレスの影響を受けた筋膜が歪んだことで発生します。

ストレスを受けると、私たちは身体を縮めて守ろうとします。

この時、筋膜と言う、ボディースーツの様に身体全体を覆って支えている膜が歪みます。

筋膜が1ヶ所でも歪むと、他の部分の筋膜がその歪みに引っ張られて、身体が歪みます。

身体が歪むと、バランスを取るために腰などの関節に負担がかかるため、腰痛が現れます。

筋膜が引っ張られると、付近にある血管も一緒に引っ張られてしまいます。

引っ張られた血管は潰れて、血液の流れが悪くなります。

血液の流れが悪くなると、栄養、酸素、熱を身体に送れなくなるので、新陳代謝が下がってしまいます。

新陳代謝が下がると、脂肪が燃焼されなくなるので、脂肪が増えていって太ってしまいます。

つまり、太ったのは筋膜の歪みによって血液の流れが悪くなった結果、だということです。

血液の流れが悪くなると、疲労物質や痛みを感じる物質などが排出されなくなるので、身体が疲れやすくなったり、痛みが慢性化したりします。

腰痛の85%は原因が不明です。

そのため、このことを知らない人は、原因が分からない時、「年のせい」「体重のせい」と、ごまかします。

腰痛の85%が原因不明なのは、画像検査で腰に原因が見付からなかったからです。

つまり、大半の腰痛は原因が腰にはありません。

それ以外の場所の筋膜の歪みが原因で、腰痛は起こっています。

年齢も、長く生きていればそれだけ、身体を使います。

そのため、若い人よりも筋膜の歪みは多く作られています。

あなたの腰痛の原因は、「体重」や「年齢」よりも。

筋膜の歪みにあります。

どこの筋膜の歪みが原因で、あなたに腰痛が起きているのか、、、

一度整体の体験に来てもらって、聞いてくださいね。

施術中は電話に出られないことがあります。
必ず折り返しのお電話をいたしますので、メッセージを残していただければと思います。

営業時間9:00~21:00
不定休

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA