前屈すると腰が痛い。原因は、この筋肉↓

榊 信一

From:整体院より

こんにちは。

名古屋唯一のストレス性腰痛専門整体院
プロビス整体研究会の榊です。

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。

身体を前屈させると、腰が痛い。

あなたはこんなことで悩んでいませんか?

前屈ができないと、顔が洗えない、ズボンが脱げないし履けない、座るのも一苦労です。

実は私も、半年くらい前に、前屈すると腰が痛い状態になりかけました。

なりかけたというか、少しなりました。

少し重たい荷物を無理矢理持ち上げようとして、腰にイヤ~な感じがして、痛みが出てしまいました。

幸いにも、対処が早かったのと、大したことはなかったので、その日のうちに痛みを消すことができました。

時間にして30分もないくらいでしたが、それでも、ツラかったのを覚えています。

 

生活をしていると、どうしても前屈するタイミングがたくさんあります。

顔を洗う時、ズボンを履く時なんかは、必ず誰でも1日に1回は行います。

人に会ったらお辞儀、掃除機をかける姿勢、物を拾う時など、様々なタイミングで前屈をします。

前屈するのがツラくて、マッサージや整体に通ったけれども、全然改善しなかった。

しかたがないので、シップや痛み止めを使ったり、コルセットを巻いて生活をしている。

こんなお悩みはありませんか?

もしあなたが、マッサージや整体など、どこに通っても改善しない前屈すると腰が痛い状態でお悩みなら。

施術する場所が間違っている可能性が高くあります。

 

前屈をして腰が痛いと、ほとんどの方が、お尻や背中の下が痛いた言われます。

それで、そこをマッサージしてもらっても、一向に改善しない。

もしくは、その場だけ少し良くなっても、すぐに痛みが戻ってくる。

なぜなのでしょうか?

答えは簡単です。

痛い場所に原因がないからです。

 

先程、前屈するタイミングをお伝えしました。

でも、1つだけワザとお伝えしていない動きがあります。

それが”座っている姿勢”です。

座っている姿勢も、前屈と同じ姿勢なんです。

 

施術中は電話に出られないことがあります。
必ず折り返しのお電話をいたしますので、メッセージを残していただければと思います。

営業時間9:00~21:00
不定休

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA