座っていると、腰が痛くなってくる。こんなお悩みありませんか?

榊 信一

From:整体院より

こんにちは。

名古屋唯一のストレス性腰痛専門整体院
プロビス整体研究会の榊です。

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。

あなたはこんな腰痛で悩んでいませんか?

ずっと座っていると、だんだんと腰が痛くなってきて座っていられない、、、

会議や商談で人と会って話していても、痛みで集中できない、、、

痛みで不安になる、、、

 

仕事に集中できないと、とても困ったことになりますよね。

仕事中、何度も席を立っていたら、周囲から冷たい目で見られるかもしれない。

会議や商談で集中していない、内容を聞き漏らした、、、なんてことになったら、大変です。

友達と会って、楽しくおしゃべりをしていたいのに、腰が痛くて会話に集中できない、、、

このままだと、仕事を続けられないかも、、、こんな不安が頭を過ります。

腰痛を少しでも良くしようと、マッサージや整体に通っても効果がない、、、

整形外科でレントゲンやMRIで検査しても、異常はない、、、

何で自分の腰痛は少しも良くならないのか、、、

その答えは、ストレスが腰痛の原因になっているからです。

ストレスを受けると、私たちは無意識の内に体を守ろうとして、体を縮めます。

肩に力が入ったり、背中が丸まったりといった反応です。

この様に無意識に姿勢が変わり、それが体の歪みを作っていきます。

ストレスの反応が、上⼿に解消されれば問題はありません。

ですが、ストレスの多い現代では、ストレスが解消する前に、どんどん新しいストレスが蓄積していきます。

ストレスで体に歪みが作られると、その場所に引っ張られて、体全体も歪んできます。

そうなると、腰に負担がかかり、痛みが出てきます。

ストレスで作られた歪みがあるうちは、心の中でそのストレスを常に感じています。

例えば、ストレスで猫背になった人は、猫背でいる間、ずっとストレスを感じています。

つまり、心のストレス=体のストレスです。

 

ずっと座っていて、身体が動かないと、ストレスによって身体が固まってきます。

特にパソコンを使っていると、肩の周りが固くなってきます。

パソコンからの光で、脳が興奮して、余計にストレスが溜まってしまいます。

気乗りのしない仕事や、残業が続くのもストレスです。

会議や商談では、失敗できない、緊張するといったストレスで、身体が固まります。

身体はこのときの状態を、ストレスと一緒に覚えてしまいます。

すると、その姿勢になった時に、ストレスも一緒に思い出してしまいます。

あなたが自宅で、どんなにリラックスをしていたとしても、その姿勢になった瞬間、身体がストレスを思い出します。

その状態が続けば続くほど、身体は固まっていき、やがて痛みとなってしまいます。

その痛みのある状態で、さらに頑張って仕事をしていると、身体は痛みまでも記憶してしまいます。

この姿勢になった時は、こんな気持ちで、こんなストレスがあって、こんな痛みがあると、脳が覚えてしまうのです。

また、こんなストレスがあると、こんな気持ちになって、こんな痛みがある、ということも覚えてしまいます。

こんな気持ちになると、、、

こんな痛みがあると、、、

と、際限なく脳は無意識で覚えてしまいます。

この状態でマッサージに行っても、ほとんど効果はありません。

なぜなら、あなたの腰が痛くても、原因は腰にはないからです。

そのため、どんなに腰をマッサージしても、すぐに痛みが戻ってしまいます。

この状態を改善するには、ストレスを解消して、脳に正しい状態を覚え直してもらうしかありません。

同時に姿勢や痛みも改善していくと、効果は上がります。

 

デスクワークで座っているのがツラい腰痛の場合、ストレスがかかりやすいのは、

僧帽筋
大腰筋

の2つの筋肉です。

この筋肉は、猫背や、肩に力が入っている時に固くなる筋肉です。

上司の無茶ぶりや、ずっと同じ姿勢でいることのストレスにより、この筋肉が固くなってきます。

さらにこの筋肉は、座っている時に体を支える働きをしています。

そのため、この2つの筋肉が固くなると、体を支えることができなくなって、腰に痛みが出てきます。

 

もしあなたが、どんなに腰をマッサージしても改善しない腰痛でお悩みなら。

その原因はストレスかもしれません。

施術中は電話に出られないことがあります。
必ず折り返しのお電話をいたしますので、メッセージを残していただければと思います。

営業時間9:00~21:00
不定休

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA