立っている時に腰が痛い原因TOP3

立っている時に腰が痛い原因のTOP3は、

① 大腰筋

② 肩甲骨

③ 腓腹筋

この3つの筋肉です。

立っている時の姿勢もそうですが、普段、使われない筋肉が原因で起こっている場合もあります。

3つの筋肉は、全て体を支える働きがあるため、放置しておくと、さらに不調が起こる可能性があります。

 


① 大腰筋

大腰筋は、お腹側にある腰の筋肉で、背骨の横から太ももの根元に付いています。

大腰筋が固くなると、お腹側で背骨を支えることできなくなってしまいます。

そうなると、背中だけで体を支えないといけなくなるため、お尻や、骨盤の上あたりに痛みが出てきます。

 

② 肩甲骨

肩甲骨がなぜ、腰痛の原因になるかと言うと、、、

骨盤を下半身の土台とすると、肩甲骨は上半身の土台になります。

肩甲骨には、17個もの筋肉がくっ付いています。

この17個の筋肉の1つでも固くなってしまうと、肩甲骨のバランスが崩れてしまい、上半身を上手く支えることができなくなってしまいます。

そうなってしまうと、腰だけで下半身と上半身を支えなくてはいけなくなります。

その結果、過剰な負担が腰にかかったことで、腰痛が現れてきます。

 

③ 腓腹筋

腓腹筋は、ふくらはぎの筋肉です。

ふくらはぎの役割に、足首を動かす働きと、重力に対抗して体を支える、抗重力筋と呼ばれる働きがあります。

抗重力筋には、

・頚部伸筋群と頚部屈筋群
・脊柱起立筋群
・大殿筋
・ハムストリングス
・下腿三頭筋(ふくらはぎ)
・腹筋群
・腸腰筋(大腰筋)
・大腿四頭筋
・前脛骨筋

があります。

抗重力筋が1つでも固くなってしまうと、体が重力に負けてしまい、姿勢が崩れてしまい猫背やスマホ首などになります。

姿勢が崩れてしまうと、腰にかかる負担は1.5倍にもなってしまいます。

特にふくらはぎは体の下にあるため、デスクワークや立ち仕事で足を長時間動かさないでいると、血液が溜まって、むくんでしまいます。

溜まった血液は冷えて、ふくらはぎを冷やしてしまい、固くなってしまいます。