体を回した時に腰が痛い原因TOP3

体を回した時に腰が痛い原因のTOP3は、

① 斜角筋

② 広背筋

③ 殿筋

この3つの筋肉です。

ゴルフやテニスといった、同じ動きが多いスポーツをしている人や、同じ手や肩に鞄を掛ける人、スマホやマウスを長い時間操作している人に、固くなりやすい筋肉です。

 


① 斜角筋

斜角筋は、首の横にある筋肉です。

デスクワークや、スマホの使い過ぎで固くなる筋肉です。

私たちが体を回す時は、実は首も一緒に動いています。

首を固定したまま体を回したら、回せる幅が小さくなった、という研究があります。

つまり首は体を回す時に、一緒に動いている、ということです。

そのため、首の動きが悪くなった分、腰で無理に体を回そうとするため、腰に痛みが出てきます。

 

② 広背筋

広背筋は、骨盤の上から腕に付いている筋肉です。

パソコンを使っている姿勢、特にマウスを使っている方が固くなりやすい筋肉です。

他にも、ゴルフやテニスをやっている人も、固くなりやすい筋肉です。

広背筋は、腰椎(背骨の腰の部分)や肋骨、骨盤などの、広範囲についています。

そのため、広背筋が固くなると、腰の動きが悪くなって、背骨がうまく動かせなくなるため、腰に痛みが出てきます。

他にも首の痛みや、

 

③ 殿筋

殿筋はお尻の筋肉で、股関節を動かしたり、骨盤を安定させる働きがあります。

殿筋は、座っていると体と椅子に挟まれて固くなってしまいます。

体を回して腰の痛くなる人は、この殿筋が固くなったことで、股関節の動きが悪くなっています。

体を回す時には、股関節も動いています。

殿筋が固くなって股関節の動きが悪くなると、体を回すことができなくなるため、腰の筋肉で無理に体を回すので、腰に痛みが出てしまいます。

殿筋が固くなると、お尻が垂れる原因にもなります。